松田 朴伝個展

福岡県立美術館


書を通しアートを通して、いつの間にか傘寿を迎えるに至りました。今回、初めて私の若い頃(二十代〜三十代)からの作品数点を含め展示する予定です。その結果がこの程度かと恥じ入るばかりですが、若さにまかせ突っ走ってきたこれまで同様、これからも初心を大切に燦然と輝きを保ち続けたい気持ちで、傘寿を燦寿に変えて挑戦し続けていきたい心境です。

これまで様々なジャンルに挑戦。アートの多様性を感じ、多くの方々とのコラボを通し、「アートを通して世界の平和」をテーマに海外での個展や交流展を四十数年前から続けて参りました。今後も生ある限り燦々と降り注ぐ友好の証として作品を作り続けて参りたいと思っています。