第9回 躍動する現代作家展 at福岡アジア美術館



※お知らせ ポストカードの時間記載に間違いがございましたので、訂正いたします。

× 土・日:9:30~20:00

〇 金・土:9:30~20:00


〇ご挨拶


躍動する現代作家展も第9回を迎える事となりました。

躍動する現代作家展の特徴は全てのジャンルが一同に会する展覧会という類を見ない展覧会です。

ご来場者は一つのジャンルを目的に来場され、様々なジャンルにも出会うことができます。

日本国内は基より海外でも現在活躍している作家たちが集結した素晴らしい空間を御覧ください。



〇タイトル:第9回躍動する現代作家展 at福岡アジア美術館 国際公募


〇会期:2022年5月12日(木)〜5月17日(火)


〇会場:​〒812-0027 福岡市博多区下川端町3-1

リバレインセンタービル  8階交流ギャラリー


〇ジャンル:オールジャンル (平面・立体・インスタレーション)


〇参加アーティスト

・犬井由紀子 ・megumi ・mina ・AMARU-1 ・華萌 ・小熊麻紗子 ・生田裕子 ・Hakudou ・麻生君枝 ・イエローイエロー・KINOPI→S ・かねうじみさ ・木藤美緒子 ・noA ・河野八香 ・きはらごう ・小宮艸林 ・Miina Shimizu ・comic9 ・Marku ・marina ・L r‘m ・iroka ・斎藤優 ・Nanae Tamura ・鶴﨑穂なみ ・鶴﨑政志 ・月乃カエル ・高山道代 ・貴 ・鍋島哲治 ・中野拓海 ・NISIBUN ・YORI ・永見陶節 ・麗華 ・藤野高嗣 ・平野隆司 ・平山みち子 ・松田朴伝・向井恵美 ・まふじ ・森崎湧斗 ・武藤美穂 ・dollry ・吉野佳菜 ・トリコイデス ・山口瑠璃 ・Richard Logan 順不同敬称略




〇受賞アーティスト

【 福岡県知事賞 】

アーティスト名:comic9

審査コメント:フォルムのノーブルさと遊び心とのバランスが秀逸。技術面の高さも高評価となりました。


【 福岡市長賞 】

アーティスト名:NISIBUN

審査コメント:19世紀末の空気が近未来に蘇ったようなコラージュ作品が、不思議な魅力を醸し出している点が高く評価されました。


【 最優秀賞 】

アーティスト名:AMARU-1

審査コメント:時代が持つ葛藤を問題提起している力作。パワフルな大作は今回の出品作品の中でも群をぬいていることが、最優秀賞へとつながりました。


【 優秀賞 】

アーティスト名:Hakudou

審査コメント:光と空間の中に蠢く抑圧と未来へのエナジーへ、吸い寄せられるように没入できる作品であったことが、優秀賞受賞へとつながりました。


アーティスト名:小宮艸林

審査コメント:巨大な空間の中で見てみたくなる作品。次作への期待値がとても高いところが、今回の受賞につながりました。


アーティスト名:月乃カエル

審査コメント:パーツの隙間に潜む問題提起を、卓越した素材の扱いをも主題に入れ、サラリと提示している魅力的な作品である点が、今回の受賞へつながりました。


【来場者人気投票1位賞】

アーティスト名:comic9

以下順位

2位:武藤美穂

3位:きはらごう

4位:犬井由紀子

5位:中野拓海

6位:KINOPI→S


【躍動する現代作家賞】

アーティスト名:志村翔太

審査コメント:時間と記憶というテーマに正面からV Rで提示する意欲作。

今後のA R Tの方向を預言している革新的な作品が今回の受賞へつながりました。


アーティスト名:木藤美緒子

審査コメント:ざっくりと描かれているように見えるその後ろに、何層もの記憶がひそみ、画面

からあふれてくる。慈愛に満ちた作品から醸し出される空気が、高い評価となりました。


アーティスト名:L r'm

審査コメント:瑞々しさの中から語り出される生命の尊さと清涼感が受賞へとつながりました。


アーティスト名:麻生君枝

審査コメント:作品から感じる品格が素晴らしく、花弁一枚一枚から音楽が聴こえてくる点が、今回の受賞へ繋がりました。


アーティスト名:武藤美穂

審査コメント:レイヤーを物理的に何層にも色を重ねる事で表現し、足すことによる表現ではなく引くことによる表現を成功させている。減らすことにより重量感を持たせている点が今回の受賞へつながりました。


【 新人賞 】

アーティスト名:中野拓海

審査コメント:辛口のファンタジーが心地よく、世界観に入り込め、見るほどに新しい発見がある点が高評価となり、今回の受賞となりました。


アーティスト名:Marku

審査コメント:はりつめた憂いが、今を現し、観るものを誘う点が高く評価され今回の受賞となりました。


【 410Gallery賞 】

アーティスト名:KINOPI-S

審査コメント:独自の技法に裏打ちされた、圧倒的なオリジナリティ。シュールな世界観が今後どのように発展していくのか興味をそそる点が高く評価され、今回の受賞となりました。


【会場風景】




【参加アーティスト作品】

〇入場料:無料


〇後援:福岡県・福岡市・福岡県教育委員会・西日本新聞社・その他予定


〇事務局:〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町11-8 川端中央ビル 4階 一般社団法人空間芸術TORAM事務局 MAIL:info@toram.or.jp


 

■国際公募展 参加アーティスト募集


躍動する現代作家展は福岡アジア美術館から始まり今では国立新美術館で毎年開催される展覧会となりました。それも一重に今まで参加したアーティストたちの功績があるからこそです。今では参加したアーティストの海外進出など団体公募展は更なる発展の場となってきました。芸術文化の継承発展、社会貢献の為にアーティストと一緒に展覧会を作り上げて頂きたいと思います。ご参加をお待ちしております。


■タイトル:第9回躍動する現代作家展 国際公募

■会期:2022年5月12日(木)~5月17日(火)

福岡アジア美術館 8階 交流ギャラリー


■応募締め切り:2022年5月6日(金)18時

↓公募展の応募要項は下記リンクよりご確認ください。