top of page

第13回 躍動する現代作家展 at 福岡アジア美術館


前回の展示風景


■第13回躍動する現代作家展 at 福岡アジア美術館


「こんなに楽しい気持ちにさせてくれる展覧会は他にない!」

この「躍動する現代作家展」に、毎年ご来場くださっているお客様からの言葉です。

「いつも新しい発見や驚きのある作品が展示されていて、生き生きとした感性を感じる展覧会。こんなに楽しい気持ちにさせてくれる展覧会は他にない。毎年、とても楽しみにしています。」(40歳代 男性)


今を生きる現代アーティスト(現代作家)に焦点を当てた国際公募の美術展覧会が「躍動する現代作家展」です。

 「アートは時代の鏡」とも言われていますが、現代では一言で「アート」と言っても、多種多様な表現があります。絵画及び平面作品、彫刻などの立体作品、写真表現、デザイン的表現、空間造形やインスタレーション、コンピュータグラフィックスCGやアニメーションなど、数え上げるとキリがありません。しかも、それらを分けて細かく分類することは難しくなってきており、むしろ全てが一緒になって混在していることが今の時代のアートではないでしょうか。この「躍動する現代作家展」は、まさにそんな今の時代を映し出す鏡のように、展示される表現主体はオールジャンルが一堂に会しています。これほどまでに様々な表現主体が一つの空間に集約され収まっている展覧会は、空間芸術TORAMの展覧会の大きな特徴といえます。絵画作品の隣に写真作品やデザイン表現の作品が展示されている、しかも、クオリティーが高く、どの作品も見応えがある。このことこそ、今の時代の多種多様さ、あらゆるものが混在した世の中を映し出した鏡であると言えるでしょう。

それがこの「躍動する現代作家展」が唯一無二の展覧会である所以であり、来館される方々が鑑賞して楽しい気持ちになる一因ではないかと思うのです。

今回で13回目となるこの国際公募展は、北は北海道から南は沖縄まで日本全国から、また、韓国・中国・アメリカ出身といった世界各国からも多数の現代アーティストの作品が集結しています。これまでに、約1,500人以上の現代アーティストの作品をこの展覧会で紹介してきました。年齢層も幅広く、プロとして華々しく活躍している現代作家も多数出品しており、アマチュアからプロに転向してもなおこの展覧会に出品する現代作家も数多くいます。自由な表現の作品を福岡アジア美術館に展示することができるのは、現代作家にとってこの上ない舞台となるのではないでしょうか。

今を生きる現代作家が躍動している展覧会「第13回躍動する現代作家展」を存分にご堪能ください。

一般社団法人空間芸術TORAM 

代表理事 田畑 豊 


■会場

福岡アジア美術館 企画ギャラリーA・B・C

〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル 7階

■会期

2024年4月4日(木)-4月9日(日)

※休館日:無し

■開館時間

木・月・火 9:30-18:00

金・土 9:30-20:00

最終日17:00まで

■入場料

無料

■主催:一般社団法人空間芸術TORAM




■13th Dynamic Contemporary Artists Exhibition at Fukuoka Asian Art Museum

“There is no other exhibition that makes me feel so happy!”

These are words from customers who visit the ``Exhibition of Vibrant Contemporary Artists'' every year.

``It's an exhibition where you can always feel new discoveries and surprising works, and you can feel a lively sensibility.No other exhibition makes me feel so happy.I really look forward to it every year.'' (40 years old) male)

The ``Dynamic Contemporary Artists Exhibition'' is an internationally open art exhibition that focuses on contemporary artists living today.

It is said that "art is a mirror of the times," but in modern times, the word "art" can be expressed in a wide variety of ways. The list is endless, including paintings and two-dimensional works, three-dimensional works such as sculptures, photographic expressions, design expressions, spatial modeling and installations, computer graphics CG and animation, etc. Moreover, it has become difficult to separate and classify them in detail, and I think that art in this day and age is more about mixing all of them together. This ``Exhibition of Dynamic Contemporary Artists'' is like a mirror reflecting the current times, with all genres of expression brought together in one place. An exhibition that brings together so many different subjects of expression in one space can be said to be a major feature of spatial art TORAM exhibitions. Photographs and design works are displayed next to the paintings, and the quality is high and all the works are worth seeing. It can be said that this is a mirror that reflects the diversity of today's world, where everything is mixed.

I think this is why this ``Exhibition of Dynamic Contemporary Artists'' is a unique exhibition, and one of the reasons why visitors enjoy viewing it.

Now in its 13th year, this international public exhibition brings together the works of numerous contemporary artists from all over Japan, from Hokkaido in the north to Okinawa in the south, as well as from around the world, including those from South Korea, China, and the United States. To date, this exhibition has featured the works of more than 1,500 contemporary artists. There is a wide range of age groups, and there are many contemporary artists who are active as professionals, and there are also many contemporary artists who have turned from amateurs to professionals and still exhibit at this exhibition. Being able to exhibit works of free expression at the Fukuoka Asian Art Museum is perhaps the perfect stage for contemporary artists.

Please fully enjoy the ``13th Dynamic Contemporary Artists Exhibition,'' an exhibition of dynamic contemporary artists living today.

General Incorporated Association Spatial Arts TORAM

Representative Director Yutaka Tabata

■Venue

Fukuoka Asian Art Museum Special Gallery A, B, C

7th floor, Riverain Center Building, 3-1 Shimokawabata-cho, Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka 812-0027

■Period

April 4th (Thursday) - April 9th (Sunday), 2024

*Closed days: None

■Opening hours

Thursday, Monday, Tuesday 9:30-18:00

Friday and Saturday 9:30-20:00

Until 17:00 on the last day

■Admission fee

free

■Sponsor: General Incorporated Association Spatial Arts TORAM



 

【参加アーティスト】

近日公開




bottom of page